番外編その11:FM-11,16シリーズのROM一覧(by はせりん)


メンテナンスの際のご参考になれば、と思います。

お急ぎの方へ。
FM-11 ROM一覧
FM16β ROM一覧
FM-11 自己診断機能


●FM-11のROM一覧です。

機種 ROM種類 デバイス 個数 外部識別ID 内部識別文字 備考
FM-11ST
FM-11AD
FM-11EX
SUBSYS MBM2764-25 2 TQ21-12,
TQ22-12
SUB40108821209
CG MBM2764-20 1 TR11-11
BOOT09 MBM2732A-20 1 TU11-11 V1L1111182
BOOT88 MBM2732A-20 1 TV11-11 SM07418-M050 boot rom ver 3.2 11/21/82 FM-11EXのみ標準実装
FBASIC MBM2764 7 FM-11STのみ
KANJI MB83256 4 (019 020 021 022) オプション漢字ROMカード
FM-11AD2
FM-11BS
FM-11BS/AD2
SUBSYS MBM2764-25 2 VK31-11,
VK32-11
SUB40205831203
MBM2732A-25 1 VK33-11
CG MBM2764-20 1 TR11-11
BOOT09 MBM2732A-20 1 VM11-11 V1L1111182 (TU11-11に対して2か所パッチあり。) FM-11BSを除く
BOOT88 MBM2732A-20 1 VL11-11 SM07418-M050/02 boot rom ver 3.3 01/07/84 FM-11AD2を除く
VL11-12 SM07418-M050/03 boot rom ver 3.4 05/15/84
KANJI MB83256 4 (019 020 021 022)
KANJI2 MB83256 4 (027 028 029 030) オプション第2水準漢字ROMセット
FM-11AD2+ SUBSYS MBM2764-25 2 WT11-11,
WT12-11
SUB40302841219
MBM2732A-25 1 WT13-11
CG MBM2764-20 1 TR11-11
BOOT09 MBM2732A-20 1 WU11-11 V2L2120684
KANJI MB83256 4 (019 020 021 022)
KANJI2 MB83256 4 (027 028 029 030) オプション第2水準漢字ROMセット

●FM-11のパーツ実装状況です。

機種 型格 マザーボード 強化
電源
CPUカードスロット 漢字ROMスロット BASIC/FDD IFスロット 拡張カードスロット フロッピー
ディスク
ドライブ
メインメモリ カセットIF SUB ROM 6809
カード
8088
カード
256KB
RAMカード
漢字ROMカード BASIC
ROMカード
320KB
FDD IFカード
256KB
RAMカード
1MB FDD
IFカード
FM-11ST MB25030 128KB TQ2x - ○(TU11) -
FM-11AD MB25040 128KB TQ2x - ○(TU11) - YD-580 x1
FM-11EX MB25050 128KB TQ2x - ○(TU11) ○(TV11) - - YD-580 x1
FM-11AD2 MB25045 128KB VK3x ○(VM11) ○(第2水準対応) - YD-380 x1
FM-11BS MB25055 - - VK3x ○(VL11) ○(第2水準対応) - YD-380 x2
FM-11BS/AD2 MB25055E - - VK3x ○(VM11) ○(VL11) - ○(第2水準対応) - YD-380 x2
FM-11AD2+ MB25046 - - WT1x ○(WU11) ○(第2水準対応) - YD-380 x2

補足:
 強化電源: 初期型と比較し電力容量が増えているそうです。初期型は、拡張スロットに全部カード差すと電源が持たないという噂です。
 YD-580: 5インチ 2D専用ドライブ
 YD-380(-1710): 5インチ 2HD専用ドライブ

●FM-11(6809)のBOOT ROMの違いです。

FM11Boot_00

FM11Boot_01
・DIP SWの設定(一番左のDIP SWです。)
         12345678  8:Hard Disk
      ON ■■■□□□□□  7:1MB Floppy Disk
      OFF□□□■■■■■  6:320KB Floppy Disk
                5:128KB Bubble Cassette
                4:ROM(FM-11STのみ)

 数字の大きい方から順に起動デバイスをサーチし、IPLロードを試みます。(起動したくない場合はOFFに。)
 4と6は排他的ですが、両方ONにしておいて問題ありません。
 1と2は起動ドライブ番号を指定します。通常0なので、両方OFFにしておきます。

●FM16βのROM一覧です。

機種 ROM種類 デバイス 個数 外部識別ID 内部識別文字 備考
FM-16βFD
FM-16βHD
SUBSYS MBM27C256-20 1 WL11-11 SUB50112841108
CG MBM2732A-20 1 WM11-11
KANJI MB83256 8 (019 020 021 022)
(027 028 029 030)
BOOT186 MBM27C64-20 2 WN11-11,
WN12-11
BOOT ROM V1.0 L1.02 1984.11.08
CMOS STATEMENT INTERFACE V1.0 L1.00 09/26/84
MOUSE V1.0 L0.05 11/11/84
空きソケット=2
FM16βSD SUBSYS MBM27C256-25 1 WL11-12 SUB50204850319
MB83256 1 (222) SUB50204850319
CG MBM2732A-20 1 WM11-11
KANJI MB83256 4 (019 020 021 022)
BOOT186/
BASIC
MBM27C256-20 4 WV11-11,
WV12-11,
WV13-11,
WV14-11
FM16β
パワーアップ
キット
SUBSYS MB83256 1 (222) SUB50204850319 FM-16βFD/HDのサブシステムROMを、
FM16βSD以降のものと交換します
FM16βFDT
FM16βHDT
FM16βFDU
FM16βHDU
SUBSYS MB83256 1 (222) SUB50204850319
CG MBM2732A-20 1 WM11-11
KANJI MB83256 8 (019 020 021 022)
(027 028 029 030)
BOOT186 MBM27C64-20 2 空きソケット=2
BOOT286 MBM27C64-20 2 J1A, J6A BOOT ROM V1.0 L2.00 1985.11.26
CMOS STATEMENT INTERFACE V1.0 L1.00 09/26/84
MOUSE V1.0 L2.00 11/28/85
空きソケット=2

●FM16βのパーツ実装状況です。

機種 型格 マザーボード 強化
電源
CPUカード サブシステム バックパネル 拡張カード
スロット
フロッピー
ディスク
ドライブ
ハード
ディスク
ドライブ
CPUスロット メインメモリ 80186
カード
80286
カード
SUBROM 第2水準
漢字ROM
1MB FDD
コネクタ
HDD IF
FM-16βFD(初期) MB25420 中寄り 512KB - ○(中寄り) WL11-11 YD-380-1714 x2 -
FM-16βHD(初期) MB25425 中寄り 512KB ○(中寄り) WL11-11 YD-380-1714 x1 M2233BT
FM-16βFD(後期) MB25420 後寄り 512KB - WL11-11 YD-380-1714 x2 -
FM-16βHD(後期) MB25425 後寄り 512KB WL11-11 YD-380-1714 x1 M2233BT
FM16βSD(初期) MB25410 後寄り 256KB - WL11-12 YD-380-1714 x2 -
FM16βSD(後期) MB25410 後寄り 256KB - (222) YD-380-1714 x2 -
FM16βFDT FM16B-FD1 後寄り 1MB - (222) YD-380-1714 x2 -
FM16βHDT FM16B-HD1 後寄り 1MB (222) YD-380-1714 x1 M2233BT
FM16βFDU FM16B-FD2 後寄り 1MB - (222) YD-380-1714 x2 -
FM16βHDU FM16B-HD2 後寄り 1MB (222) YD-380-1714 x1 M2233BT

補足:
 強化電源: HDタイプ用は電力容量が増えていると思われます。また熱対策で電源ユニットにもファンがついています。
 YD-380-1714: 5インチ 2HD/2DD両用ドライブ
 M2233BT: フォーマット時10MB


●FM16βのBOOT実行の様子です。

fm16b_boot10

fm16b_boot02


●FM-11 自己診断機能

FM-11のブートROMには自己診断機能が搭載されていますが、 現役当時はほとんどそれが役に立ったことはありませんでした。
(キーボード未接続エラーを除く)
しかし、30余年も経ち、ちらほらとエラーメッセージを見かけるようになりましたので、 ここらでこの自己診断機能を整理して、エラーメッセージが出た場合の傾向と対策を検討したいと思います。

まずはブートROMの仕様の違いのおさらいです。
いつも通り表にまとめました。
TU11,VM11 WU11 備考
ブート ブートデバイス ハードディスク
1MBフロッピーディスク
320KBフロッピーディスク
128KBバブルカセット
ROM
(同左) 手前のDIP SWでデバイスと機番を設定
リトライ × TU11/VM11搭載機種はリセットスイッチでリトライ
サービスルーチン リード/リストア ハードディスク
1MBフロッピーディスク
320KBフロッピーディスク
(同左)
NMI × Memory Parity Error のみ
自己診断結果表示 CPUカード内メモリ $FC00-$FC7F,$FE00-$FFFF
同MMR × SEG 0 のみ($FD80-$FD8F)
メインボード内メモリ
同BREAKでスキップ ×
拡張メモリ ×
サブシステム × TU11/VM11搭載機種はIPLプログラム側で処理
補足:
TU11/VM11では、ブートROM実行期間中NMIが発生しない前提です。 メインボード内のDRAMはパリティビットが無いため、この前提は満たされます。
また、サブシステム側の自己診断結果をIPLにそのまま渡すため、 メイン側メモリにエラー無い限りはブートROMからサブシステムは制御しないようになっています。

●FM-11 自己診断メッセージ

fm11_diag0

fm11_diag1

fm11_diag2

fm11_diag2

fm11_diag4

fm11_diag5

fm11_diag6

fm11_diag7

・本項執筆の際、某FM-11エミュレータを利用させていただきました。ありがとうございました。
参考文献
85BM-0030 FM-16β 漢字サブシステ解説書 1985年2月(富士通)
85BM-0040 FM-16β ファームウェアモジュール解説書 1985年4月(富士通)
85BM-0050 FM-16β CP/M-86 L4 BIOS解説書 1984年12月(富士通)
85BM-0060 FM-16β ハードウェア解説書 1985年4月(富士通)
85HS-1010-2 FM16β システム解説書 1986年7月(富士通)
HW85-1020-1 FM16β 80286 CPUカード FM16-301 取扱説明書 1985年12月(富士通)
I/O別冊 FM-7/11活用研究 1984年4月10日 (工学社)

謝辞:本ページの各表の作成にはThinkさんのCSV→Table変換サイトのお世話になりました。 ありがとうございました。
謝辞:りうさん、FM-11,16シリーズのROMに関する情報ありがとうございました。
お願い:上記の表に出ていないROM情報をお持ちの方はぜひお知らせください。
F-BASIC起動画面集 F-BASIC詳細編 F-BASIC詳細編(その2:デモ画面集)
FM77AVシリーズ システムディスク編
FM77AVシリーズ デモ・入門ディスク編
CP/M-80編 CP/M-80 アプリケーション編
OS-9編
FLEX編 FLEX アプリケーション編
F-BASIC ファイルシステム(およびその上位互換)上に構築されたOS、開発システム
FM-7/8シリーズ用プログラミング言語とその処理系
番外編(その2:勝手に誤記修正編)
番外編(その3:6809用MMU考察)
番外編(その5:FM-7,8シリーズのROM一覧)
番外編(その6:FM-77用拡張メモリ他について)
番外編(その7:FM-8/7/77/77AVシリーズの微妙な非互換性)
番外編(その8:FM-7/8シリーズ用アドオンCPUカード)
番外編(その11:FM-11,16シリーズのROM一覧)
緊急特集:MB22603の秘密
FM-8改造 備忘録
--------
レベル3BASICとF-BASIC を覗いてみる
テクノポリス誌ナウシカベンチマークとミンキーモモベンチマーク
ASCIIART(マンデルブロ集合)ベンチマーク
漢字ROM博物館(情報募集中)
--------
各種電子デバイス関連
--------
入り口ページに戻る

ご意見、ご要望はこちらまで(笑)
Copyright (C) 2019 by Haserin